0eMej4CF.jpg


目次
1・ゴルフのスイング理論に関する悩み事とは?

2・正しいゴルフスイングの理論とは?

3・左一軸打法とは?

4・本当に効果はあるのでしょうか?

5・練習にかかる費用とは?

6・1回の練習時間とは?

7・デメリットは何でしょうか?

8・他のゴルフ理論と比べると・・・

9・正しいゴルフ理論を習得しないと・・・

10・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



0-2.gif



正しいゴルフ理論が習得できないと・・・

今日は前回の予告どおり、ゴルフ理論に関する恐ろしいお話です。がく〜(落胆した顔)


私もそうでしたが、どうも世間の皆さんはゴルフ理論ついて
甘い考えを持っているみたいですね。


あなたは、どのようにゴルフの練習をしたり
知識としての理論を得ていますか?


例えば、練習場で練習をするときには、
どのような目標を設定して練習に取り組んでいるのですか?


あなたは、すぐに、私の問いに答えることができたでしょうか?


仮に、あなたが「わたしは○○が出来るようになることを目標に練習をしている」と、すぐに答えられたとしましょう。


しかし、その目標設定は本当に正しいのでしょうか?


今、このように私に問いかけられた時、あなたが「絶対に正しい」と言い切れるのでしたら、あなたには、急激に上達する才能が備わっています。


その理由は、仮にあなたが設定している目標が正しくない、またはベストではないとしても、あなたが正しいと信じて、わき目も振らずに設定した目標を達成するために、努力をすることができるのであれば、少しずつでも上達することが出来るからです。


そのような姿勢を持っているあなたが、
本物の理論を手にしたらどうなりますか?


考えなくても結果はわかりますね?


あなたが考えている以上に、急激な上達を必ずとげるはずです。


しかし、たいていの人は、自分の設定している目標や理論に不安を持っていて、そのために、たくさんの雑誌やゴルフ専門誌などを買い、多くの情報を得て安心しようとします。


安心しては練習場に行き、雑誌などから得た情報のままに練習します。


そして、良いショットが打てれば安心し、上達したと錯覚するのです。


しかし、コースでラウンドして上手くいかなければ、
また、雑誌などから情報を得ようとします。


まさに、その繰り返しなのです。


これでは、いつまでたってもゴルフが上達することなどありえません。


私が言いたい事は、正しい理論を探すがゆえに、練習目標を設定することが出来ず、ころころと、様々な理論に手をつけるよりも、間違った理論であったとしても、ひとつの練習目標を達成するために努力し続けた方が上達するということです。


多くのゴルファーが、思うように上達できない本当の理由は、
ゴルフ理論というものが世の中に氾濫しすぎていることにあります。


そして、その氾濫する情報に振り回され
上達することが出来なくなってしまうのです。


しかし、情報に振り回されるのも無理はありません。


なぜなら、何が正しく、何が間違っているのかということや、どの理論が必要で、どの理論が不要なのかということは、一般のゴルファーに区別できることではないからです。


ここに、あなたが、なかなか上達することが出来ない
本当の理由があると私は思います。


結論を言えば、「あなたのゴルフ理論に対する不安が、
あなたの上達を妨害している最大の原因
」という事になるのです。


あなたが上達するために、まず必要なことは、
信頼できるゴルフ理論を手に入れる事です。


それができれば、ゴルフ理論に対しての不安が消え、迷いがなくなり、集中して練習に取り組むことができるようになります。


そして、その結果、あなたのゴルフは上達していくことでしょう。


大切なことは、今後、あなたがゴルフ理論に対しての迷いを抱かずに、練習に取り組んでいけるだけの理論を、見つける必要があるということです。


そのゴルフ理論をあなたが見つけることが出来た時、今までのように様々なゴルフ理論に振り回され、迷いながら取り組んでいたゴルフから、何の迷いも無く取り組むことが出来るゴルフへと、意識さえも改革をすることができるのです。


以上、ゴルフ理論にまつわるちょっと怖い話をしてきましたが、
あなたのゴルフ理論はこのままで大丈夫ですか?


私でお役に立てることがあればお手伝いさせて頂きますよ。


お気軽にご質問ください。


ご質問はコチラどうぞ!


正しいゴルフのスイング理論を習得したいと考えているなら
コチラを購入した方が手っ取り早いと思います。


価格以上の価値はありますので。


ヒロシからのメッセージとは?


続きを読む>>>


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。